家族葬でゆっくり最期のお別れ

  • 家族葬のメリットとデメリット

    • 家族葬のメリットとして挙げられるのが、お招きする人を最低限に絞り込んであるので、参列してくれた者に対して必要以上に気遣いをすることがないため、肉体的にも、精神的にも負担を軽減させることができることがあります。
      また、故人を偲ぶための時間をしっかり確保できるということも挙げることができます。

      また、故人と馴染みが薄い方を、お招きしていないため、そういった方におもてなしをする必要がないため、受付を設けて会葬返礼品を用意する必要がないというメリットもあります。


      また、家族葬はお招きする方を絞り込んでいるため、前もって参列する人数を把握しやすいというメリットを挙げることもできます。
      家族葬のデメリットとして挙げられることが、周りの人に対する理解を前もって得ておく必要があることです。



      安い料金で執り行うことができる葬儀であると思われがちですが、参列する人を絞り込んでいるときには、香典として頂いたお金だけでは葬儀にかかる費用を賄えない場合があるというデメリットもあります。

      T-SITEはこちらのサイトで情報公開中です。

      前もって故人が亡くなったことを訃報で知らせるときに家族葬で葬儀を執り行うので、参列を差し控えていただきたいということ併せてお知らせしたとしても、お通夜や、告別式の当日に参列させてほしいと出向いてこられる方が出てくることもあります。


      せっかくいらっしゃった方にお引き取りをしてもらう訳にはいかないので、料理を追加する手配をしたり返礼品を用意したりする必要性が生じるというデメリットもあります。