家族葬でゆっくり最期のお別れ

  • 近年注目されている家族葬

    • 一言に葬儀といっても、その規模やどこまでの範囲の参列者を招くかは様々です。



      これまでは中くらいの規模である一般葬が主流でした。

      ロケットニュース24の情報はココで集まります。

      一般葬は家族だけではなく、故人と交流の合った人々、近所の人々などを招くことが多いです。

      しかしながら最近ではその傾向が変わってきており、一般葬と比べると小規模な家族葬を希望するケースが増えています。

      家族葬はその名前からわかるように家族が参列する葬儀です。一般葬や会社の人々が参加する大規模な社葬などと異なって、家族のみのこぢんまりした葬儀だと言えます。

      家族葬が注目されている理由はいくつかありますが、最も大きな理由として故人とのお別れを家族水入らずで出来るからというものがあります。

      大勢の方が故人を偲んでくれるのはありがたいことですが、参列者が多いと遺族の負担も多いです。


      家族のみの葬儀にすることで遺族の負担が軽くなり、より故人とのお別れの時間が納得できるものになるというわけです。


      最近では会社の経営者などでも家族のみの葬儀を選択することが増えています。昔は会社のトップやお店をやっている人であれば取引先や従業員など非常に多くの方が集まっていました。



      ですが、近年は故人の生前の意向で最期くらいは家族でゆっくりしたいという場合や家族にたくさんの会社関係の人の相手をさせるという負担をなくしたいという場合に家族葬が利用されています。
      このような理由から家族葬が注目されています。
      葬儀の種類で迷ったときは選択肢の一つに家族のみの葬儀を入れてみると良いでしょう。